スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ルルド

本日はルルドについてご紹介いたします。

ルルドに行ったのはかなり前になりますが、2013年の4月。

ルルドといえば、ルルドの泉。
キリスト教の巡礼地でもあるルルドは
洞窟から沸き出す聖水「奇跡の水」をもとめて、
世界各国からたくさんの方がやってこられます。

 

<ルルドの泉とは>

フランス南西部にあるルルドは、フランスとスペインの国境になっている
ピレネー山脈のふもとにあるオート=ピレネー県の人口15000人ほどの小さな町。
聖母マリアの出現と「ルルドの泉」で知られ、カトリック教会の巡礼地でもあるルルドは
洞窟から沸き出す聖水「奇跡の水」をもとめて、世界各国からたくさんの方がやってこられます。
1858年2月11日、村の14歳の少女ベルナデットが洞窟のそばで薪拾いをしていると、
初めて聖母マリアが出現したといわれています。
18回にもわたり出現した聖母マリアは、
ベルナデットに「泉に行って水を飲んで顔を洗いなさい」と告げました。
近くに水は無かったため、近くの川へ行こうとしましたが、
聖母が洞窟の岩の下の方へ行くように指差したところ、泥水が少し湧いてきており、
次第にそれは清水になって飲めるようになりました。これがルルドの泉の始まりです。
 



ベルナデットの前に出現されたマリア様。
写真はマリア様が出現された洞窟。
この洞窟から湧き出る水が奇跡の水と言われ、
難病の方がこの水によって、奇跡的に治癒した例があるそうです。
(これまで約2500件、奇跡的な治癒が起こったと言われています。
ルルドの医務局による公式な認定件数は68件だそうです)※2013年当時

 

 

こちらの蛇口から、自由に水を飲むことができます。

 

携帯用のルルドのコップをお土産物屋さんで購入し、ルルドの水をいただきました。

実は、フランスに行く直前に急性腎盂腎炎になり、2週間程寝込んでおりまして、
なんとか出発前に治ってお医者さんからGOサインもらってフランスに行ったのですが、
ずっと寝ていたためか体力が落ちていて、
ルルドについてからも、少し歩くとしんどくなっていたのですが、
ルルドの奇跡の水を飲んだら、気の持ちようかもしれませんが、元気になったような気がしました

(病は気から・・?)

 

 

ルルドの教会

 

 

マリア様



夜には、巡礼の方々が蝋燭を手にもって洞窟と教会前のサンクチュアリを行進されます。
聖歌が流れるなか、輪になってゆっくりと歩いて行きます。
写真の中央に円になった光の粒が見えるのが、蝋燭の灯り。
とてもたくさんの人数が行進されているのがわかるかと思います。

本当は間近でみたかったのですが、体が弱っていたので大事をとって参加はせずに、

行進の様子をホテルの窓からみていました。


ルルドは本当に素敵なところでした。
今回2日間滞在しましたが、時間が足りずもっともっといたかったです。
写真はルルドの街。城塞(現ピレネー博物館)からみた景色です。
ピレネー山脈もとても綺麗でした。


ルルドのホテルのベランダから見た景色。

 

パリからルルドはTGVで行きましたが、かなり遠くて移動時間が結構長かったので

もうちょっと2回目行くのは無理かな・・という感じですが、

体力に自信のある方は、ぜひ行ってみてくださいね。

 

ルルドから持ち帰った水は、なんとまだ冷蔵庫に保管しています(!)

冷蔵庫に保管されたままの水は、現在どうなっているかは、ちょっと怖くて確認していません・・笑

いつかここぞという時に使いたいと思います 笑

 

映画「ルルドの泉で」もおすすめです!

名前の通り舞台はルルドの泉。 想像とは違い、話は意外にもサスペンスで、ちょっと衝撃的なところもあり、

なかなか面白かったです。

 

「ルルドの泉で」予告編

https://www.youtube.com/watch?v=zyyQ7pWcDmo

 

<ルルドのブロカント>

 

スポンサーサイト